読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不登校から学校に復帰する!

親御さんからの喜びの声、日本一! 信頼と実績No.1のシア・プロジェクト代表 木村優一が不登校対応のポイントを解説!

親が「比較否定」を卒業すると不登校の子供が変わりだす!

 

不登校の子供を持つ親御さんの多くは「子育てで他の親に負けた」と感じているのではないでしょうか。

 

そこまで思わなくても、我が子と他の子を比較し、「他の子は学校に行けているのに、どうしてうちの子は……」と無意識に考えてしまっている親御さんは多いはずです。

 

さらに言えば「あの子は○○ができているのにうちの子は○○ができていない」と無意識に考えてしまっている親御さんも多いはず。

 

なかには、それを遠回しに言ってしまっている親御さんもいるかもしれません。

 

「○○ちゃんは◇◇の賞をとったんだって!あなたも◇◇の才能あるんだから頑張ればとれるのに……」

 

「○○くん、また学年1位だったんだって!もともとの頭はあなたのほうがいいのにね……」

 

こんなふうに遠回しに「比較による否定」を発言してしまっている親御さんもいるでしょう。

 

すでに発言してしまっている親御さんは、今ここで、逆の立場をイメージしてみましょう。

 

もしあなたが、同じようなことを誰かから言われたらどんな気分になりますか?

 

例えばあなたがお母さんだとして、旦那様から次のように言われたらどんな気分になるでしょう?

 

「○○さんの奥さん、美人だし、スタイルいいよな~。お前もやせたらいいのに……」

 

お父さんは、奥様から次のように言われたらどんな気分になるか考えてみてください。

 

「○○さんの旦那様、イケメンで素敵!!あのルックスで年収3000万超えてるんですって!!うちの5倍くらい裕福ね……」

 

言い方にもよりますが、真剣に言われたらまあまあ凹むはずです。

 

人によってはイラっとするかもしれません。

 

もちろんみなさんは大人なので、この程度のことを言われても気にならない方が大半でしょう。

 

ただ、これが多感な時期の子供となると、どうでしょうか?

 

しかも、不登校という一般的に見て明らかな挫折と思えるものを経験中の子供が、そういうことを言われたら……

 

どうなると思います?

 

不登校だった頃の私は、そういうことを言われるたびにパワーダウンしたものでした。

 

前述のイメージをしてみるだけでも、子供に対して不用意な発言をしなくなるでしょう。

 

不用意な発言をしなくなるだけでも「子供のパワーダウン」を避けることができ、不登校悪化のリスクを大幅に下げることができます。

 

このイメージは必ずしておいてください。

 

 

 

比較否定の思考を取り除く方法

 

ここまで発言についてお伝えしてきましたが、声に出して言わなければそれでOK!というわけではありません。

 

親子の関係は密接です。
言葉にしなくても100%伝わってしまうことがあります。

 

そうである以上、「声に出して言わなくても親の思いはしっかりと子供に伝わっている」と考えたほうが無難で、そう考えれば「比較否定」の思考を親の頭から取り除く必要性を感じるでしょう。

 

「比較否定」の思考を親の頭から取り除くために、簡単な方法として「究極まで比較する」という方法を試してみてください。

 

中途半端に比較するのではなく、あらゆる点を比較するのです。

 

「◇◇では○○くんにうちの子は負けている。でも、△△ではうちの子は○○くんに勝っている」

 

「▲▲でも○○くんにうちの子は負けている。でも、◆◆ではうちの子は○○くんに勝っている」

 

といったように細部に1つ1つ目を向けて、あらゆる点を比較してみるのです。

 

そうすれば「全てにおいて他の誰よりも勝っている人物はいない」とわかるでしょう。

 

キムタク以上にかっこよくて、東大を首席で卒業していて、イチロー以上に野球がうまくて、ギタリストとしてグラミー賞受賞していて、孫正義以上に起業家として成功している人。

 

そんな人いませんよね?
(少なくとも私はそういう人を知りません)

 

抜群にルックスがいいキムタクでも、野球ではイチローに負けるし、起業家としては孫さんにかないません。

 

逆にイチローや孫さんは野球や起業の才能があるけれども、ルックスではキムタクに負けてしまいます。

 

そんなふうに、誰でも「誰かに勝っているところ」と「誰かに負けているところ」の両方を持っているわけで、そうである以上「全てにおいて他の誰よりも勝っている人物」は存在しないんですよね。

 

そこに気づけば、部分的な比較によって全体的な比較否定を印象付けることの不自然さにも気づくはずです。

 

その気づきが得られる頃には、比較否定の思考がずいぶんと剥がれ落ちているでしょう。

 

比較否定の思考が親の心から消えていけば、子供はそれを感じ取り、様子が変わってきます。(元気になったりヤル気が湧いてきたりして、前に進み始めます)

 

 

 

比較否定の思考を取り除く方法 Ⅱ

 

もう一つ。

 

「幸福感の比較幻想」を認識するのもいいと思います。

 

例えばここにAくんとBくんがいたとして、その2人のそれぞれがどれくらい幸福感を感じながら生きているか、計測することができるでしょうか?

 

計測できませんよね。

 

本人がどれくらい幸せを感じているかは、目に見えない心の中で生じているものですから、それを計測することはできませんし、計測できない以上、比較することもできません。

 

比較するとしたら、それは幻想の世界でのことです。

 

「Aくんはこれくらい幸福感を感じているに違いない、一方、Bくんはこれくらい幸福感を感じているに違いない、だからAくんのほうが幸せだろう」

 

と考えたとしても、それはその人の頭の中で幻想として比較しているだけで、実際にどうであるかとは関係ありません。

 

ですから、幸福感の比較は幻想なのです。

 

それを知ってもなお我が子と他の子を比較したいならすればいいと思いますが、そこにあまり意味がないことはもうよくお分かりでしょう。

 

こうして認識を深めるだけでも、比較否定の思考から離れられるものです。

 

もちろん、一度認識を深めただけではすぐに元に戻ってしまいますから、継続して繰り返し認識を深める必要があるでしょう。

 

元に戻らないように、上記に何度も繰り返し目を通すことをお勧めします。

 

 

 

どうしても比較したい親御さんへ

 

ここまで読んでもどうしても比較したい親御さんは、過去の我が子と今の我が子を比較してみてはいかがでしょうか(※)。

 

※「ここまで読んでも比較したがる親なんているの!?」と不思議に思う方も多いかもしれませんが、そういう親御さんもいるのです。特にスポーツを長年されてきた方に多いのですが「比較は絶対に必要!比較するからこそ成長でき、伸びるんだ!」と比較肯定に傾いている方は多くの存在します。そういう方には「人生全体が運動系の部活ではない」という当たり前のことを認識するようにお勧めしていますが、それでもどうしても比較したい方のために補足させて頂くことにしました。

 

我が子と他の子を比べるのではなく、過去の我が子と今の我が子を比べ、成長している部分を喜ぶ。

そうすれば、ずいぶんと心が楽になる気がしませんか。

 

ただし、こうした比較のしかたをすると「今の我が子が過去の我が子に負けている部分」を認識してしまうリスクも出てきます。

 

また、子供の側としても「向上し続けなければ親から認めてもらえない」と思いこむリスクが生じます。

 

そうしたリスクもありますので、「過去現在の比較」を行なう場合にはそういった点に充分注意しながら行なったほうが良いでしょう。

 

親が「比較否定」を卒業するだけで、子供は見違えるようにイキイキとするものです。これは即効性があるものですから、ぜひ、早い段階から思考変化に取り組んでみてください。

 

 

執筆者:シア・プロジェクト代表 木村優

 

 

不登校の子供を持つ親御さんからの喜びの声、日本一!! シア・プロジェクト代表、木村優一のオリジナルメルマガ(無料)は別サイトで登録できます。

 

⇒ オリジナルメルマガ(無料)の登録   

 

オリジナルメルマガは「まぐまぐ!」とは別内容となります。

下記の3点が配信されます。

 

1.オリジナルメルマガ「お母さん、ありがとう!」(自動配信)
2.不登校対応力向上 ~3週間プログラム~(自動配信)
3.木村優一の最新情報を配信(不定期・木村優一が手動配信) 

 

ご登録の際には、メール受信ができない設定になっていないか、ご確認ください。

 

せっかくお申込いただいたのに、こちらからの配信が届かないケースもございます。ご入力いただいたメールアドレスになんらかの受信拒否設定をしている場合、こちらからメールを送りたくても送れない状態になりますので、ご注意ください。

 

(特に、ドコモの携帯メールアドレスでお申込になる方、ソフトバンク携帯で迷惑メールブロック設定を「強」にしている方は、ご注意を!!)

 

正常にご登録いただけた場合、ご登録後すぐに自動返信メールが届きます。

 

自動返信メールは迷惑メールフォルダなどに入ることもありますので、必ず、迷惑メールフォルダまでご確認ください。

 

自動返信メールがどのフォルダにも届いていない場合、そちらでブロックされている可能性があります。

⇒ 1step-m.com のドメインを受信できるように設定してください。
⇒ gmail.com のドメインを受信できるように設定してください。

上記を参考の上、迷惑メールブロック設定を変更後、再度お申し込みください。
それでも配信されない場合には、他のメールアドレスでお申し込みください。

 

お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

 

⇒ オリジナルメルマガ(無料)の登録  

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

Twitterでも不登校対応のポイントをお伝えしています☆

 

twitter.com

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

 もう1つのブログは、こちら 

ameblo.jp

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

シア・プロジェクトのHP→ 不登校対応の支援と相談

 

スマホ表示はこちら↓↓↓ 

fu-toukou.hateblo.jp

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

 

シア・プロジェクトの新しいホームページ

不登校対応支援機関 SIA PROJECT 

www.futoukou24.jp

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

↓ シア・プロジェクト代表 木村優一の日記 

note.mu

木村優一 (不登校解決カウンセラー) (kimurayuuichi)|note 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*: