不登校から学校に復帰する!

親御さんからの喜びの声、日本一! 信頼と実績No.1のシア・プロジェクト代表 木村優一が不登校対応のポイントを解説!

不登校による学力低下を防ぐ!勉強の遅れを取り戻す!

 

不登校の子供を持つ親御さんの多くは、我が子の学力低下や勉強の遅れが気になるのではないでしょうか。

 

学校にいかず授業を受けていない、宿題もしていない、塾にも行っていない、家庭教師もつけていない……

 

そんな状態では学力低下や勉強の遅れが気になっても仕方ありません。

 

むしろ、「気にならないほうがおかしい」と言ってもいいほどでしょう。

 

子供の学力低下や勉強の遅れを心配してしまい、気を揉んでしまう親御さんは、自分を責めすぎないように気をつけてくださいね。親として自然な感情を感じているだけなのですから。

 

子供の学力低下や勉強の遅れが気になった時、多くの親御さんは我が子に勉強することを望みます。

 

「学校に行かないならせめて勉強だけでも……」と考えて、あの手この手で我が子に勉強を勧めるのです。

 

「学校には行かなくていいから勉強だけはしなさい」と子供に直接言う親御さんもいるでしょうし、「塾や家庭教師の力を借りて勉強してみる?」と質問で提案する親御さんもいるでしょう。

 

別室登校による勉強を担任と共同で勧める親御さんもいるでしょうし、とにかく厳しく叱って子供に勉強させようとする親御さんもいるでしょう。

 

その全てが間違いだとは言いませんが、おそらくそういった方法で子供が勉強するようになることはありません。勉強したとしても長続きはせず、ある時突然勉強をやめ、まるでダイエットでリバウンドするかのように「ますます勉強しない子供」になってしまいます。

 

なぜか?

 

子供の心は「やれ」と言われるとますますやりたくなくなるものですし、そのやりたくない気持ちを乗り越えて無理やりやったとしても「無理」があるため長続きせず、逆に無理したぶん休みたくなってしまうからです。

 

ですから、本当に子供に勉強して欲しいなら、ひと工夫する必要があります。

 

 

 

子供が自ら勉強したくなる工夫

 

親が子供を動かそうとするのではなく、子供自ら動きたくなるように工夫するのです。

 

その工夫の仕方はシンプルです。その子が好きなこと、得意なこと、興味があること、無理なく出来ることを存分にさせてあげてください。

 

学校の勉強に関係するものである必要はありません。学校の勉強に全く関係ないことでもいいので、その子が好きなこと・得意なこと・興味があること・無理なく出来ることを存分にさせてあげるのです。

 

そうすれば、子供は「学校の勉強」をするようになります。

 

今これを読んでいるあなたが好きなこと・得意なこと・興味があること・無理なく出来ることを存分にした時のことを思い出してください。

 

(そういう経験がない方は、今からでも遅くありません。好きなこと・得意なこと・興味があること・無理なく出来ることを存分にしてみてください)

 

その時のことを思い出せば、自然と勉強する範囲が広がっていったことに気がつくはずです。

 

例えば、マンガを描くのが好きな人なら、マンガを描く過程で「この言葉の意味あってるかな?」と気になって調べたりしますよね。それは国語の勉強になるかもしれません。

 

マンガに英語のセリフが必要なら自然と英語を勉強するでしょうし、歴史の知識が必要なら自然と歴史を勉強するでしょう。

 

そんなふうに好きなことを極めていこうとすると、必ずと言っていいほど勉強の範囲が広がっていくのです。

 

そうして自然と「学校の勉強」もできるようになるんですね。

 

 

ゲームも例外ではありません。

 

桃太郎電鉄で地理・社会・算数を自然と学んでいる子供は多いでしょうし、真・三國無双戦国無双で中国の三国時代と日本の戦国時代の勉強が楽しくなるという声も聞きます。

 

たとえゲームでも学校の勉強につながる可能性が十分にあるのです。

 

 

 

不登校から一流大学に進学する子供

 

子供に好きなことを存分にさせてあげると、そこから勉強する範囲が拡大し、やがて学校の勉強をすることになる。

 

そうお伝えしましたが、この話を読んでいて焦りを感じる親御さんも多いでしょう。

 

「確かにそうなのかもしれないけど、そんな悠長なことはやってられない。それで進学が大幅に遅れたら取り返しのつかないことになるかもしれない」

 

そう不安を感じ、焦る親御さんも多いはずです。

 

そういう親御さんは落ち着いて考えてみてください。

 

親が子供に無理やり勉強させた時間が1万時間経過した場合と、子供が自ら勉強した時間が1万時間経過した場合では、どんな違いが生まれるでしょうか?

 

どちらが進学が遅れないと思いますか?

 

どちらがいい学校に進学できると思いますか?

 

明らかに後者のほうがスムーズに進学でき、いい学校に進学できるはずです。

 

親が子供に無理やり勉強させていると、その時間は子供にとって苦痛になるでしょう。おそらく、その苦痛を感じる時間は1万時間に到達する前に終わりを迎えます。すぐに苦痛に耐えられなくなり、やめてしまうからです。

 

仮に1万時間に到達したとしても、その1万時間で蓄積された苦しみは相当なものでしょう。その苦痛を癒すために、1万時間の休みが必要になるかもしれません。その1万時間休んでいる間に進学の時期が遅れるはずです。

 

一方、子供に好きなこと・得意なこと・興味があること・無理なく出来ることを存分にさせ、そこから勉強する範囲が広がり、学校の勉強もするようになる場合、最初のうちは全くと言っていいほど学校の勉強をしないかもしれません。学校の勉強をしたとしても、それほど成績には表れないかもしれません。

 

この時点では、親が子供に無理やり勉強させたケースと似たようなものだと思います。

 

けれども、この後が決定的に違います。

 

好きなこと・得意なこと・興味があること・無理なく出来ることを思いっきりする中で、自然と勉強する範囲を広げ、自ら進んで学校の勉強もするようになると“吸収力”が違うんですよね。乾いたスポンジが水を吸収するように、ぐんぐん学んでいきます。

 

すると、成績も急上昇します。

 

今までの成績の伸びからは考えられない上昇カーブを描き、あっという間に成績優秀者の仲間入りを果たしてしまうのです。

 

そうして、長年不登校で学校に行っていなかったにもかかわらず一流大学に進学する子供もいます。

 

親御さんの焦る気持ちはわかりますが、本当に急ぎたいならどちらを選択すべきか答えははっきりしているのではないでしょうか。

 

 

 

子供が夢中になることが親の理解を超えていたら?

 

子供が好きなこと・得意なこと・興味があること・無理なく出来ることは、もしかしたら親が理解できないものかもしれません。

 

そんなことやって何になるの!?と親が感じるものに子供に夢中になるケースも多いのです。

 

そんな時、親から理解を示してもらえないと子供はそれがやりづらくなります。やりづらくなることで、勉強の範囲が拡大することもなくなり、学校の勉強をする可能性も消えてしまうでしょう。

 

そうなってしまうのは、もったいないと思いませんか?

 

たとえ親が理解できないものに子供が夢中になっていたとしても、そこに関心を寄せ、できる限り理解しようと心がけましょう。

 

「どうしてこの子はこんなことに夢中になっているのかな?」と好奇心を抱きながら、子供の話を聴いてみてください。深く深く聴いていけば、きっとあなた(親)が知らない面白さを子供が知っていることに気づき、あなたの世界が広がるとともに、子供が「親に理解してもらえた」と喜ぶでしょう。

 

その喜びは子供の才能を開花させ、可能性を広げていきます。好きなこと・得意なこと・興味があること・無理なく出来ることを思いっきりやることができて、急速に勉強する範囲が広がり、あっという間に学校の勉強を始めます。

 

その後は、生まれ変わった我が子の姿をあなたは目にするはずです。

 

 

執筆者:シア・プロジェクト代表 木村優

 

 

不登校の子供を持つ親御さんからの喜びの声、日本一!! シア・プロジェクト代表、木村優一のオリジナルメルマガ(無料)は別サイトで登録できます。

 

⇒ オリジナルメルマガ(無料)の登録   

 

オリジナルメルマガは「まぐまぐ!」とは別内容となります。

下記の3点が配信されます。

 

1.オリジナルメルマガ「お母さん、ありがとう!」(自動配信)
2.不登校対応力向上 ~3週間プログラム~(自動配信)
3.木村優一の最新情報を配信(不定期・木村優一が手動配信) 

 

ご登録の際には、メール受信ができない設定になっていないか、ご確認ください。

 

せっかくお申込いただいたのに、こちらからの配信が届かないケースもございます。ご入力いただいたメールアドレスになんらかの受信拒否設定をしている場合、こちらからメールを送りたくても送れない状態になりますので、ご注意ください。

 

(特に、ドコモの携帯メールアドレスでお申込になる方、ソフトバンク携帯で迷惑メールブロック設定を「強」にしている方は、ご注意を!!)

 

正常にご登録いただけた場合、ご登録後すぐに自動返信メールが届きます。

 

自動返信メールは迷惑メールフォルダなどに入ることもありますので、必ず、迷惑メールフォルダまでご確認ください。

 

自動返信メールがどのフォルダにも届いていない場合、そちらでブロックされている可能性があります。

⇒ 1step-m.com のドメインを受信できるように設定してください。
⇒ gmail.com のドメインを受信できるように設定してください。

上記を参考の上、迷惑メールブロック設定を変更後、再度お申し込みください。
それでも配信されない場合には、他のメールアドレスでお申し込みください。

 

お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

 

⇒ オリジナルメルマガ(無料)の登録  

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

Twitterでも不登校対応のポイントをお伝えしています☆

 

twitter.com

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

 もう1つのブログは、こちら 

ameblo.jp

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

シア・プロジェクトのHP→ 不登校対応の支援と相談

 

スマホ表示はこちら↓↓↓ 

fu-toukou.hateblo.jp

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

 

シア・プロジェクトの新しいホームページ

不登校対応支援機関 SIA PROJECT 

www.futoukou24.jp

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

↓ シア・プロジェクト代表 木村優一の日記 

note.mu

木村優一 (不登校解決カウンセラー) (kimurayuuichi)|note 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*: