不登校から学校に復帰する!

親御さんからの喜びの声、日本一! 信頼と実績No.1のシア・プロジェクト代表 木村優一が不登校対応のポイントを解説!

不登校対応で親に求められる、重要な3つの心構え

 

これから、不登校対応で親に求められる心構えを3つお伝えします。

 

この3点を心がけて不登校対応するだけでも、お子さんの未来は全く違ったものになるでしょう。

 

あなたのお子さんの未来が光り輝く素晴らしいものになるための、強力な3つの心構えです。ぜひ、頭に入れて、不登校対応の改善をはかってください。

 

 


1.簡単には良くなりたくない気持ちを尊重する

 

不登校の子供に限りませんが、人間には「良くなりたい気持ち」があるのと同時に「簡単には良くなりたくない気持ち」が存在します。

 

「良くなりたい」と思いながら「簡単には良くなりたくない」と思う、めんどくさい生き物が人間なのです。

 

例えばあなたが太っていることを気にしているとしましょう。

 

やせたいですよね。
太っていることを気にしているわけですから、やせて体型を良くしたいですよね。

 

この時点であなたの心には「良くなりたい気持ち」があります。

 

そこにあなたの知り合いがやってきてこう言いました。

 

「やせたいの?だったらダイエットしなさいよ!それで済む話じゃん!」

 

こう言われたあなたは、どういうことを思うでしょうか?

 

その思いは、こんなものかもしれません。

 

「簡単に言うけど、それができていたら苦労しないよ」

 

「正直なところ、好きなものを好きなだけ食べている今の状態が心地良いんだよなぁ。だからダイエットしたいんだけどしたくないんだよなぁ」

 

「太ってる私も愛してよ。太ってる私のこともいいと思ってくれてもいいじゃない!」

 

いかがでしょう?
こういう気持ちが湧いてきてもおかしくないと思いませんか。

 

これらの思いを読めばわかるとおり、人間には「簡単には良くなりたくない気持ち」が存在します。

 

たとえ表面的には本気で良くなりたいと思っていたとしても、それと別のところに良くなりたくない気持ちがあり、それがブレーキとなって変化を阻むんですね。

 

このことを意識しておかないと、不登校対応でとんでもないミスを犯してしまいます。

 

例えば子供が「本当は学校に行きたい」と言った時、「だったら行けばいいじゃないの!」などと言ってしまうのです。

 

前述を理解された方はお分かりでしょう。
子供の気持ちはそんなに単純なものではありません。

 

「本当は学校に行きたい」と本気で思っている、けれどもその一方で「そう簡単には学校に行きたくない」という気持ちもある。そんなふうに正反対の要素で構成されていて、その全体をうまく解放していかない限り不登校脱出には向かいません。

 

では、「本当は学校に行きたい」と子供が言ったとき、親はどう対応すればいいのでしょうか?

 

答えはシンプル。
もっと話を聴いてあげてください。

 

「本当は学校に行きたい」という気持ちだけでなく、「そう簡単には学校に行きたくない」という気持ちまでじっくりと聴いてあげるのです。

 

そうすれば、子供は話しながら自分自身の気持ちを整理していきます。
自分自身の気持ちを整理しながら自分自身が見えてくるのです。

 

そうして自分自身を客観視できるようになると、子供は前に進みやすくなります。自分自身と対話しながら、ある部分には決着をつけ、ある部分は尊重し、新たな一歩を踏み出すでしょう(※)。

 

※例:「本当は学校に行きたい」と思う部分は尊重し、「正直なところ、学校に行かずにいる今の状態が心地良いんだよなぁ。だから登校したいんだけどしたくないんだよなぁ」と思う部分には「こんなに甘ったれてちゃいけない!この怠慢はやめよう!」と決着をつけ、別室登校だけ頑張ってみる(新たな一歩を踏み出す)というケース

 

とてもシンプルですよね。

 

念のため、「本当に学校に行きたい」と思いながらもそれとは別に同時存在している「簡単には良くなりたくない気持ち」の例を挙げておきましょう。

 

「本当に学校に行きたいなら行けばいいじゃない!なんて簡単に言うけど、それができていたら苦労しないよ」

 

「正直なところ、学校に行かずにいる今の状態が心地良いんだよなぁ。だから登校したいんだけどしたくないんだよなぁ」

 

不登校の僕(私)も愛してよ。不登校の僕(私)のこともいいと思ってくれてもいいじゃないか!」

 

こういう気持ちが存在することを把握している親御さんと把握していない親御さんでは対応のしかたが全く違ってくると思いませんか?

 

不登校対応では、人間の心を深く知っておくことが不可欠なのです。

 

 


2.子供には必ず秘密があることを頭に置いておく

 

あなたのお子さんは、親とどれくらい話をしてくれるでしょうか?

 

会話量が少ない親子なら、まずは会話量を増やすところから始めたほうがいいでしょう。

 

話ができなければ子供の情報が入ってきませんから、的外れな対応をしてしまうリスクが高まってしまいます。

 

ですから、親子の会話量が少ないようなら、まずは雑談でいいので会話量を増やすところから始めていきましょう。

 

もちろん、親が一方的に話していたら意味がありません。
不登校対応で求められる会話は、親が子供の話を聴く割合が大きい会話です。

 

たとえ雑談でも子供の話をじっくりと聴く。
そんな話の聴き方をメインとした会話の量を増やしていってください。

 

親御さんの話の聴き方がレベルアップしていけば、子供がしゃべる量が増えてくるでしょう。

 

そうして子供の口から出てくる「子供の情報」が増えてくると、どのように子供をサポートすればいいか見えやすくなるはずです。

 

やがて子供がたくさんしゃべるようになってくると、今まで親が知らなかった事実まで知ることになり、その時点で子供を深く知ったような錯覚に陥るでしょう。

 

ここが落とし穴です。

 

不登校の子供を持つ親御さんの多くはここで落とし穴に落ち、あと一歩進めば得られたはずの“不登校対応成功”が得られなくなるんですね。

 

覚えておいてください。

 

子供がどんなに明け透けに話してくれるようになっても、必ず親には話していないことがあります。

 

厄介なことに、極めて重要なことを最後まで話しません。

 

「それを早く言ってくれたら解決できたのに……」と親が思うようなことを、何年も経ってから言ったりします。

 

ですから、子供がペラペラとなんでもしゃべるようになった!と感じた時が正念場なのです。

 

そこで気を抜かずに「まだ子供には最重要の秘密があるんだ」という意識で傾聴レベルを高めていけば、本来よりも早い段階で子供が秘密を打ち明けてくれて、それによって急速に不登校解決に向かえるのです。

 

覚えておいてください。

 

大変な何かが起きた人は、それを隠していなければ心理的に生きていられません。

 

それををさらけ出すのは怖いし、痛みを感じるだろうから、必死で隠して生きているのです。

 

いわば生存のために隠しているのです。

 

不登校の子供も同じです。

 

学校に行かないことを選択するくらい、大変なことが起きたのです。

 

それをさらけ出したら痛みを感じるし、周囲から何と言われるか怖いから、必死で隠しているんですよ。

 

生きるために隠しているのです。

 

生きるか死ぬかくらいの問題なのですから、焦ってその秘密を無理矢理聞き出そうとしないでくださいね。

 

その子にはその子のタイミングがあります。
すぐには怖くて言えません。

 

だからこそ、じっくりと時間をかけて話を聴いて聴いて聴き尽くしてあげる必要があります。

 

子供が「この親なら秘密を話しても大丈夫だ」と心の底から信頼できるまで、じっくりと優しく話を聴いてあげるのです。

 

いいですか、子供の信頼を得るために話を聴くんですよ。

 

子供の信頼を損なうように会話していたら逆効果ですからね。

 

親が自分の考えを押し付けるように一方的に話をしてしまうとか、子供の気持ちに共感せずに大人目線の反論ばかりしているとか、そんなことでは子供は親と距離を置くようになるでしょう。

 

そうなってしまえば、「最重要の秘密」が早めに出てくることはありません。

 

・どんなに明け透けに話してくれるようになっても、必ず親には話していないことがある

・極めて重要なことを最後まで話さない

 

これらを頭に入れて、気を抜かずに子供の話を聴き続けてください。
試行錯誤しながら聴き方をレベルアップさせていってください。

 

そうすれば「最重要の秘密」が早い段階で子供の口から出てきて、早い段階で最高の不登校サポートができるでしょう。

 

 


3.どんなに最悪な状況でも子供が自分で立ち上がる力を信じる

 

学校に行っていない、悪い友達と夜遊びばかりしている、タバコや酒にも手を出している、父親から暴力をふるわれている、昼夜逆転でお菓子ばかり食べている……

 

こんな我が子の状況を見る母親の気分はどんなものでしょうか。

 

おそらく絶望的なものだと思います。
こんな状況で明るい未来を期待するのは難しいかもしれません。

 

しかし、こんな状況でも明るい未来に向かうことは十分に可能です。

 

なぜなら、子供には親が想像している以上に力があるからです。

 

どんなに最悪と思える状況からでも自力で立ち上がっていくパワーが人間にはあります。

 

特に子供には若さも加わっていますから、そのエネルギーは強烈です。

 

大人である親があきらめてしまうような絶望的な状況でも、子供は信じられないほどのパワーを発揮して状況を好転させることができるのです。

 

ただし、そこには親の助けがあったほうがいいでしょう。

 

その助けとは、助言ではありません。
助言の逆、つまり「子供の話を聴く」という行為が助けとなるのです。

 

親が子供の話を少しずつでもいいので聴いていくと、子供は良い方向に変わっていきます。

 

気持ちを分かってもらえたと感じたり、話しながら自分自身の今の姿を客観的に見ることが出来たりして、良い方向に変わっていくんですね。

 

そうすると「自分で立ち上がる力」に火がつき、そのうち親が信じられないほどのパワーで最悪の状況を好転させていきます。

 

ですから、どんなに最悪だと思える状況でもあきらめないでください。

 

少しずつでもいいので親が子供の話を聴いていけば、子供は変わっていきます。内に秘められた強烈なパワーを発揮して、明るい未来に向かっていきます。

 

我が子の力を信じて、傾聴のサポートを続けていってください。

 

 


以上、不登校対応で親に求められる心構えを3つお伝えしました。

 

この3つを意識することは本当に強力で、とてつもない効果を発揮するので、もし、周りで不登校に悩んでいる親御さんがいたら教えてあげてくださいね。

 

 

執筆者:シア・プロジェクト代表 木村優

 

 

不登校の子供を持つ親御さんからの喜びの声、日本一!! シア・プロジェクト代表、木村優一のオリジナルメルマガ(無料)は別サイトで登録できます。

 

⇒ オリジナルメルマガ(無料)の登録   

 

オリジナルメルマガは「まぐまぐ!」とは別内容となります。

下記の3点が配信されます。

 

1.オリジナルメルマガ「お母さん、ありがとう!」(自動配信)
2.不登校対応力向上 ~3週間プログラム~(自動配信)
3.木村優一の最新情報を配信(不定期・木村優一が手動配信) 

 

ご登録の際には、メール受信ができない設定になっていないか、ご確認ください。

 

せっかくお申込いただいたのに、こちらからの配信が届かないケースもございます。ご入力いただいたメールアドレスになんらかの受信拒否設定をしている場合、こちらからメールを送りたくても送れない状態になりますので、ご注意ください。

 

(特に、ドコモの携帯メールアドレスでお申込になる方、ソフトバンク携帯で迷惑メールブロック設定を「強」にしている方は、ご注意を!!)

 

正常にご登録いただけた場合、ご登録後すぐに自動返信メールが届きます。

 

自動返信メールは迷惑メールフォルダなどに入ることもありますので、必ず、迷惑メールフォルダまでご確認ください。

 

自動返信メールがどのフォルダにも届いていない場合、そちらでブロックされている可能性があります。

⇒ 1step-m.com のドメインを受信できるように設定してください。
⇒ gmail.com のドメインを受信できるように設定してください。

上記を参考の上、迷惑メールブロック設定を変更後、再度お申し込みください。
それでも配信されない場合には、他のメールアドレスでお申し込みください。

 

お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

 

⇒ オリジナルメルマガ(無料)の登録  

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

Twitterでも不登校対応のポイントをお伝えしています☆

 

twitter.com

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

 もう1つのブログは、こちら 

ameblo.jp

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

シア・プロジェクトのHP→ 不登校対応の支援と相談

 

スマホ表示はこちら↓↓↓ 

fu-toukou.hateblo.jp

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

 

シア・プロジェクトの新しいホームページ

不登校対応支援機関 SIA PROJECT 

www.futoukou24.jp

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

↓ シア・プロジェクト代表 木村優一の日記 

note.mu

木村優一 (不登校解決カウンセラー) (kimurayuuichi)|note 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*: